第269回月例研究会 「『情報システム・モデル取引・契約書』
第二版 セキュリティ仕様の概要と合理的な統制の在り方」
                         のご案内(予告)

※終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
認定NPO法人 日本システム監査人協会

2022年7月の第269回月例研究会についてご案内申し上げます。

※ Zoomウェビナーによるオンラインのみで開催します。

※ Peatixからお申し込みいただきます。
(準備中です。後日、このページにてご案内致します。)

  記
1. 日時 2022年7月13日(水曜日)18時30分〜20時30分
2. テーマ 「『情報システム・モデル取引・契約書』第二版
セキュリティ仕様の概要と合理的な統制の在り方 」
3. 講師

アップデートテクノロジー(株)代表取締役、
ソフトウェア協会理事、Software ISAC共同代表
板東 直樹(ばんどう なおき)氏

4. 講演骨子 システム開発では、扱われる情報が侵害された場合の影響を考慮に入れて設計されるべきであり、想定リスクの影響度に応じたレベルを定め、適切なセキュリティ仕様要件が策定されることが重要である。
 そこで、経済産業省・IPAの「情報システム・モデル取引・契約書」第二版は、改正民法への対応に加え、セキュリティ仕様を取りまとめるプロセスと、具体的なセキュリティ設定を例示した。
 本セミナーでは、セキュリティ仕様作成のプロセス策定の狙いと、セキュリティに関する合理的な統制の在り方について解説する。
5. 参加費

SAAJ会員 1,000円 非会員 3,000円
非会員の方々もこの機会にご入会をご検討ください。
入会手続き中の方は、会員価格でご参加いただけます。
※入会申し込み

https://www.saaj.or.jp/nyukai/index.html

以上

(2022年2月14日)