第264回月例研究会 「アジャイル開発のモデル契約書のご紹介」
                         のご案内(予告)

認定NPO法人 日本システム監査人協会

2022年1月の第264回月例研究会についてご案内申し上げます。

※ Zoomウェビナーによるオンラインのみで開催します。

※ Peatixからお申し込みいただきます。
(準備中です。後日、このページにてご案内致します。)

  記
1. 日時 2022年1月19日(水曜日)18時30分〜20時30分
2. テーマ 「アジャイル開発のモデル契約書のご紹介」
3. 講師

株式会社東京証券取引所 IT開発部・情報システム部長 
IPA DX対応モデル契約見直し検討WG委員
山森 一頼(やまもり かずより)氏

4. 講演骨子 経産省のDXレポートでもアジャイル開発が有効であると謳われる等、システム開発において日本でもアジャイル開発が普及しつつある。
一方、アジャイル開発の契約に関するリスクも挙げられている。それは、アジャイル開発の難しさから、システム開発が成功しなかった際のトラブルが懸念されるからである。そこで、IPAではアジャイル開発のひな形となるモデル契約書を公開した。トラブルの防止に一定の効果があると考える。モデル契約書の検討メンバーにユーザサイドとして参加した経験から、モデル契約書のポイントと、アジャイル開発の現場の実情を語る。
5. 参加費

SAAJ会員 1,000円 非会員 3,000円
非会員の方々もこの機会にご入会をご検討ください。
入会手続き中の方は、会員価格でご参加いただけます。
※入会申し込み

https://www.saaj.or.jp/nyukai/index.html

以上

(2021年11月19日)