第229回月例研究会 「ITガバナンスの国際標準化(ISO/IEC38500シリーズ)
の最新動向とその取り組み」のご案内

認定NPO法人 日本システム監査人協会

2018年1月の第229回月例研究会は、次のように開催いたします。

※今回の資料は、開催当日に印刷した資料をお渡し致します。
(早めの事前申込みをお願いします)
SAAJ画面からのダウンロードはありません。

※ 月例研究会終了後に、懇親会を開催します。
懇親会も大事な情報交換の場です。
普段参加されてない方々(非会員も含め)もぜひご参加ください。
申込み備考欄に懇親会出席有無をご記入ください 。
会費:2000円 時間:20:40〜22:00
場 所:東京タワー2階 タワーズダイナー(03-6452-9536)

                記

1. 日時 2018年1月29日(月曜日)18時30分〜20時30分(開場18:00〜)
2. テーマ 「ITガバナンスの国際標準化(ISO/IEC38500シリーズ)
 の最新動向とその取り組み」
3. 講師 SAAJ ITアセスメント研究会 有志  
松尾正行(ISO/IEC JTC1/SC40 WG1メンバー)  
力 利則 (ISO/IEC JTC1/SC40 専門委員&WG1メンバー)
4. 講演骨子   企業経営におけるIT戦略として、IT効果の最大化、ITリスクの最小化、 コンプライアンス実現のためにITガバナンスの導入と確立が重要かつ効果的と考えられています。

 ITガバナンスに関しては、日本では2015年7月に「JIS Q 38500:2015」としてJIS化されましたが、グローバルな取り組みとしては、ISO/IEC38500として2008年に初版ができ、その後38501、502、504、505等が発行され、ISO/IEC38500も2016版として改訂も進み、諸外国ではその重要性を理解して 取組みも本格化しています。

 今回の月例研では、SAAJのITアセスメント研究会(松枝主査)の有志で、 「ISO/IEC SC40専門委員会(ITサービスマネジメントとITガバナンス)」の 日本のWG1メンバーであるお二人に、ITガバナンスの国際標準化(ISO/IEC 38500シリーズ)の最新動向と日本での取組みと課題について、講演致します。

 今後のシステム監査にも十分に関わってくる内容です。大勢の皆様のご参加をお待ちしております。
5. 場所 機械振興会館 地下2階 ホール
港区芝公園 3-5-8 電話: (03)3434-8212(代表)
→ 機械振興会館の地図はこちら
http://www.jcmanet.or.jp/gaiyo/map_kaikan.htm

・東京メトロ日比谷線「神谷町」駅下車徒歩約7分
・都営大江戸線「赤羽橋」駅下車徒歩約8分
・都営三田線「御成門」駅下車徒歩約10分
・都営浅草線「大門」駅下車徒歩約15分

6. 会費

SAAJ会員 1,000円 非会員 3,000円
非会員の方々もこの機会にご入会をご検討ください。
お申込み手続き中の方は、会員価格でご参加いただけます。
※ 入会申し込み →:http://www.saaj.or.jp/nyukai/index.html
当日会場での入会手続は行いません。ご了解下さい。

7. 参加申込 「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただき、
「参加申し込み画面」から必要事項を入力してお申込みください。
※お申込みの受付ができた場合、確認メールが発信されます。
確認メールが受信できなかった場合は、再度お申込みください。
※定員超過でご参加いただけない場合は、メールでその旨お知らせ
致します。

個人情報に関する以下の点にご同意いただくことが必要です。
「同意する」をクリックすると参加申し込みフォーム(SSL対応)が表示されます。


--------------------<今後の月例研究会の開催予告>--------------------
>次々回:第230回3月開催 2018年3月14日(水)
*2月度は総会のため月例研は開催せず。

以上

(2017年12月27日)