2017年度 民間企業・団体様向け情報セキュリティセミナーのご案内

認定NPO法人日本システム監査人協会 法人部会担当理事 加佐見/小野

 情報セキュリティ事件・事故は大きな社会問題となっております。それにつれて情報セキュリティに関する対策の必要性が急務となっています。当協会では一般社員、管理職および情報部門の専門職の皆様へ情報セキュリティの基本的な知識から専門的な実務知識までを研修していただくため「情報セキュリティセミナー」をご提案しております。
 セミナーの講師には、当協会法人部会所属の経験豊富な講師を派遣いたします。下記の中から複数のコースを組み合わせてご利用いただいても結構ですし、関連企業グループなど共同で参加者を集めていただいても結構です。
 各コースの内容、費用、および申込み方法は下記をご覧下さい。また、下記のコース以外でも、ご要望に応じたセミナーを企画・実施させていただくことができます。貴社の研修企画にお役立てください。

コースA 情報セキュリティ対策基本コース (標準1時間)無料!!
対象 職務遂行上、情報セキュリティの知識を持ってもらいたい管理者、一般社員
内容 1) 情報セキュリティの必要性(情報化の普及と個人情報保護)
2) 脅威とリスクについて(自然災害、サイバー攻撃、情報セキュリティ事故、事件)
3) 情報セキュリティを守るための対策(全員の心構えが情報セキュリティの基本)
4) 情報セキュリティをとりまく諸制度(個人情報保護法、マイナンバー法を中心に)
コースB 個人情報保護(含むマイナンバー制度) (標準2時間)
対象 個人情報を取扱う部門管理者、プライバシーマーク取得推進者・経営者
内容 1) 情報化の進展に伴う個人情報保護の高まり
2) 個人情報保護法とマイナンバー法
3) プライバシーマーク制度の概要
4) 個人情報保護マネジメントシステム(PMS)構築について
5) PMSの運用について
コースC 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の概要(標準2時間)
主対象者 ISMS構築・運用部門、情報セキュリティ管理部門、IT部門の管理者・担当者
内容 1) ISMSは客観的な認証基準(JIS Q 27001:2014)による認証取得
2) 認証取得の現状
3) ISMS構築の手順(マネジメントシステムPDCAの構築がカギ)
4) ISMS認証基準(JIS Q 27001:2014)の解説(マネジメント要求事項と114項目の管理策)
5) 情報セキュリティリスク評価と対策事例
6) 事業継続計画(BCP)とその必要性
コースD システム監査・情報セキュリティ監査の概要(標準2時間)
主対象者 システム管理者・担当者、情報セキュリティ管理者・担当者、関心のある方
内容 1) 企業活動の中におけるシステム監査の意義、枠組み、位置づけ、主要テーマ
2) 情報セキュリティをとりまく動向(環境変化、法体系、セキュリティ事故など)
3) 情報セキュリティ監査の意義、システム監査との関係
4) 効果的なシステム監査の進め方
5) システム監査基準、システム管理基準、情報セキュリティ監査基準、管理基準概説
6) 関連諸制度(内部統制、個人情報保護、システム監査企業台帳他)

<ご負担費用>以下を基本にご相談させていただきます。
Aセキュリティ対策基本コースは実費(資料作成費、旅費・交通費など)のみ。
それ以外のコース(B,C,D)は実費の他、講師派遣料(2時間当たり10万円)をご負担下さい。

<お申込み方法>
 情報セキュリティセミナーは下記様式にてメールまたはFAXでお申し込み下さい。なお、メールでお申し込みいただく場合は、様式は自由ですが下記指定項目を必ずご記入下さい。

認定NPO法人 日本システム監査人協会法人部会行
情報セキュリティセミナー申込書
  年  月  日
貴社名:
 所属:
お名前:
ご希望コース名
(該当に○)
A.情報セキュリティ対策基本

C. 情報セキュリティマネジメントシステムの概要
B.個人情報保護(含むマイナンバー制度)
D.システム監査・情報セキュリティ監査の概要
ご希望日 (第1希望)   年  月  日 (第2希望)   年  月  日
特にご希望され
ることなど



ご連絡先 お名前   電話  
FAX   メール  
<お問い合わせ・お申込み先> 認定NPO法人法人日本システム監査人協会(http://www.saaj.or.jp/)   
メール: hojin@saaj.jp   FAX:03-3666-6342


(2017年6月1日)